広告 IIJmioに乗り換える

povoからIIJmioに乗り換え(MNP)手順、メリット・デメリット・注意点まとめ

povoからIIJmioに乗り換え(MNP)手順、メリット・デメリット・注意点まとめ。

シェアNo.1記念キャンペーン実施中!最大6ヶ月間440円割引!

IIJmioでは、最大6ヶ月間月額料金から440円割引、大容量プラン限定で5GB増量×最大3ヶ月、他社から乗り換えでスマホが特価、通話定額オプションが最大6ヶ月間410円割引などのお得なキャンペーンを実施しています。

キャンペーン名キャンペーン内容
シェアNo.1記念キャンペーン
音声限定!月額料金割引
ギガプランの音声SIMまたは音声eSIMを
申し込みの場合、
最大6ヵ月間、月額料金を440円割引
大容量プランキャンペーン
月額料金半額&データ増量
①大容量プラン(30ギガ,40ギガ,50ギガ)の
音声SIMまたは音声eSIMを申し込みの場合
最大3ヵ月間月額料金を半額割引
最大3ヵ月間データ量を5GB増量
家族割引キャンペーン
複数回線利用で月額料金割引
ギガプランの音声SIMまたは音声eSIMを
申し込み、適用条件を満たすと
1回線当たり月額料金を最大6ヵ月間100円割
シェアNo.1記念キャンペーン
[期間限定]スマホ大特価セール
MNP転入(音声SIM/音声eSIM)の
ギガプラン回線と対象端末をセット購入で、
端末本体を期間限定の特別価格で提供
他社からのりかえで
スマホが特別価格
MNP転入(音声SIM/音声eSIM)の
ギガプラン回線と対象端末をセット購入すると
端末本体を特別価格で提供
シェアNo.1記念キャンペーン
通話定額オプション割引
ギガプランにて
通話定額オプションを申し込むと
オプション月額利用料を6ヵ月間410円割引

MNPでスマホが安い!

音声SIMまたは音声eSIMを他社から乗り換えで契約し、なおかつ対象端末を同時に申し込むと、対象端末が乗り換え価格で提供されます!

一括払いで1万円以下になるお得なスマホは以下の通り。

ブランドモデル名一括払い24回払い
motorolamoto g24110円826円
XiaomiRedmi Note 10T110円797円
OPPOOPPO A77980円826円
nubianubia Ivy3,980円1,244円
OPPOOPPO A79 5G4,980円1,035円
motorolamoto g50 5G4,980円951円
OPPOReno7 A7,980円1,661円
XiaomiRedmi 12 5G
[8GB/256GB]
7,980円1,160円
motorolamoto g52j 5G Ⅱ7,980円1,006円
P-UPMode1 RETRO II7,980円993円
motorolamoto g52j 5G SPECIAL9,980円1,542円
motorolamoto g13110円836円
motorolamoto g53j 5G4,980円1,298円
SHARPAQUOS sense6
[4GB/64GB]
4,980円826円
OPPOOPPO Reno9 A9,780円1,762円

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

povo1.0/povo2.0からIIJmioに乗り換えで、SIMカード/eSIM/スマホセットの申込から開通までの手順を簡単に解説

SIMカードのみ契約+AndroidスマホやiPhoneを使う

  • povoからIIJmioに乗り換える
  • IIJmioでは音声SIMカードを契約する
  • povoで使っていたAndroidスマホ/iPhoneは、IIJmioに乗り換えても使う

ときの手順は以下の通り。

音声SIMカードは、大きく分けて①申し込み、②回線切り替え(開通手続き)、③APN設定、の3つのステップに分かれています。

①と②はAndroidスマホとiPhone共通です。③はAndroidスマホとiPhoneでAPN設定の手順が多少異なります。

申込から回線切り替えまでの手順

  • 動作確認端末 | IIJmioを見て、自分の使いたいAndroidスマホやiPhoneがIIJmioで動作確認されているか確認する
  • IIJmioではドコモ回線で契約するか、au回線で契約するか決める
  • povoでMNP予約番号を取得する
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • IIJmio公式サイトからSIMカードを申し込む
  • 「現在の携帯電話の電話番号はそのまま使いますか?」では、【他社から乗り換え(MNP)】を選択する
  • 「利用するSIMをお選びください」では、【SIMカード】を選択する
  • 「端末も一緒にお求めですか?」は、【SIMだけを購入する】を選択
  • 「SIMカードの種類をお選びください」では、【音声通話+SMS+データ通信】を選択
  • 「料金プランをお選びください」では、自分の好きなプランを選択
  • 「docomo、auどちらの回線を使いますか?」は、【docomo回線(タイプD)を使う】か【au回線(タイプA)を使う】どちらか好きな方を選択
  • 「通話定額は何分必要ですか?」は、好きなものを選ぶ
  • 「利用者はどなたですか?」は、【契約者本人】か【契約者本人以外】を選択
  • あとは画面の指示に従って操作・入力して、IIJmioの契約を完了させる
  • SIMカード発送の準備が整うと、本人確認書類に記載の住所宛に「転送不可」で発送
  • 申し込み内容に不備がない場合、本人確認完了後、最短3~4日程度でSIMカードが手元に届く
  • 今使っている携帯電話会社・格安SIMの音声回線を使って、音声通話SIMの開通手続きをする
  • povoとの契約が自動で解約され、IIJmioのSIMカードが開通する

音声通話の開通手続きは、IIJmioのSIMカードに差し替える前に行ってください。

AndroidスマホのAPN設定から開通までの手順

APN設定から開通までの手順

  • IIJmioのSIMカードを任意のサイズに切り取り、AndroidスマホにSIMカードを入れる
  • auで購入したAndroidスマホは、「利用設定」が必要なので必ず設定すること
  • AndroidスマホでAPN設定する
  • Wi-Fiをオフにして、IIJmioの回線でWEBサイトにアクセスできることを確認して利用開始

iPhoneのAPN設定から開通までの手順

APN設定から開通までの手順

  • SIMカードを台紙から「nanoSIM」サイズに取り外して、iPhoneにIIJmioのSIMカードを入れる
  • iPhoneのアクティベーションを行い、iPhoneを再起動させる
  • IIJmioのAPN構成プロファイルをダウンロードして、iPhoneにインストールする
  • Wi-Fiをオフにして、IIJmioの回線でWEBサイトにアクセスできることを確認して利用開始

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

音声eSIMのみ契約+eSIM対応AndroidスマホやiPhoneを使う

  • povoからIIJmioに乗り換える
  • ギガプラン 音声eSIMのみ契約する
  • eSIMに対応したSIMフリー版iPhone、SIMロックを解除したキャリア版iPhoneを用意する

ときの手順は以下の通り。

2023年1月時点では、音声eSIMは「au回線」のみ提供されています。

音声eSIMは、大きく分けて①申し込み、②回線切り替え(開通手続き)、③IIJmioのeSIMをスマホにダウンロード・インストール、④APN設定、の4つのステップに分かれています。

①と②はAndroidスマホとiPhone共通です。③と④はAndroidスマホとiPhoneで手順や操作方法が異なります。

eSIMの申し込み手順

eSIM申込手順

  • 動作確認端末 | IIJmioを見て、使いたいAndroidスマホやiPhoneがIIJmioで動作確認されていること、eSIM対応であることを確認する
  • 2021年9月30日までにpovoから販売されたAndroidスマホやiPhoneをIIJmioでも利用する場合は、My UQ mobileでSIMロック解除手続きをする
  • povoでMNP予約番号を取得する
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • IIJmio公式サイトから音声eSIMを申し込む
  • 「現在の携帯電話の電話番号はそのまま使いますか?」では、【他社から乗り換え(MNP)】を選択する
  • 「利用するSIMをお選びください」では、【eSIM】を選択する
  • 「端末も一緒にお求めですか?」では、【SIMだけを購入する】を選択する
  • 「SIMカードの種類をお選びください」では、【音声通話+SMS+データ通信】を選択する
  • 「料金プランをお選びください」では、自分の好きなプランを選択する
  • 「docomo、auどちらの回線を使いますか?」では、【au回線(タイプA)を使う】を選択する
  • 「通話定額は何分必要ですか?」では、自分の好きなものを選択する
  • 「利用者はどなたですか?」では、【契約者本人】か【契約者本人以外】を選択する
  • あとは画面の指示に従って操作・入力して、eSIMの申し込みを完了させる
  • 続けて、本人確認のための撮影と提出を行う(eKYCによる本人確認)
  • 本人確認書類に不備がない場合、約1~2日後に「申込完了メール」、「ご契約者の本人確認完了のご連絡」メールが届く

他社から乗り換え時は、申し込み途中でMNP予約番号の入力を求められます。

音声eSIMは、「eKYC(オンライン本人確認サービス)」を使った本人確認が必要です。運転免許証・個人番号(マイナンバー)カード・在留カードを用意してください。

申込完了メールや「ご契約者の本人確認完了のご連絡メール」は、IIJmio側で申込が殺到していない場合、申し込みから1時間程度で届くこともあります。

eSIMの回線切り替えからアクティベーションコード表示までの手順

ここでは、eSIM契約時の回線切り替え手続きから、アクティベーションコード(eSIMインストール用QRコード)を表示させるまでの手順を解説します。

開通の手順

  • 「eSIM開通手続きのご案内」メールが届く
  • 9時から20時30分までの間に、「MNP転入(音声eSIM)の開通手続き」を行う
  • MNP転入手続きが完了すると、数分後にメールアドレス宛に「MNP転入手続き完了のお知らせ」メールが届く
  • povoとの契約が自動で解約され、IIJmioの音声eSIMが開通する
  • 申込完了メール、または開通完了メール内にある指示に従って「アクティベーションコード」(QRコード)を発行する
  • eSIMを利用するiPhoneとは「別の端末(スマホ・タブレット・PC)」で、アクティベーションコード(QRコード)を表示させる

AndroidスマホのAPN設定から開通までの手順

開通の手順

  • Androidスマホでアクティベーションコードを読み取り、eSIMのインストールを完了させる
  • povoで購入したAndroidスマホは、「利用設定」が必要なので必ず設定すること
  • AndroidスマホでAPN設定する
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、ガイダンスを最後まで聞いて電話を切る
  • Wi-Fiを切ってブラウザアプリを起動し、モバイルデータ通信を利用してWEBサイトが閲覧できるか確認
  • 通話もモバイルデータ通信も問題なく利用できればOK

iPhoneのAPN設定から開通までの手順

開通の手順

  • 【iOS 16の場合】「設定」→「モバイル通信」→「eSIMを追加」or「モバイル通信を追加」をタップする
  • 「QRコードを使用」をタップして、別の端末で表示したアクティベーションコード(QRコード)を読み取る
  • 「eSIMをアクティベート」をタップしてしばらくすると、「モバイル通信設定完了」画面が表示されるので、「完了」をタップ
  • iPhoneにIIJmioのAPN構成プロファイルをインストールする
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、ガイダンスを最後まで聞いて電話を切る
  • Wi-Fiを切ってブラウザアプリを起動し、モバイルデータ通信を利用してWEBサイトが閲覧できるか確認
  • 通話もモバイルデータ通信も問題なく利用できればOK

スマホセットを申し込む

  • povoからIIJmioに乗り換える
  • IIJmioで販売されているAndroidスマホやiPhoneを申し込む

ときの手順は以下の通り。

スマホセットの申込手順

申込手順

  • povoでMNP予約番号を取得する
  • クレジットカード、本人確認書類、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • IIJmio公式サイトからスマホセットを申し込む
  • 「現在の携帯電話の電話番号はそのまま使いますか?」では、【他社から乗り換え(MNP)】を選択する
  • 「利用するSIMをお選びください」では、【SIMカード】または【eSIM】を選択する
  • 「端末も一緒にお求めですか?」では、【端末とSIMのセットを購入する】を選択する
  • 「SIMカードの種類をお選びください」では、【音声通話+SMS+データ通信】を選択する
  • 「料金プランをお選びください」では、自分の好きなプランを選択する
  • 「docomo、auどちらの回線を使いますか?」では、【docomo回線(タイプD)】か【au回線(タイプA)を使う】のどちらかを選択する
  • 「通話定額は何分必要ですか?」では、自分の好きなものを選択する
  • 「利用者はどなたですか?」では、【契約者本人】か【契約者本人以外】を選択する
  • 「どの種類の端末をお求めですか?」では、自分の申し込みたいスマホを選択する
  • 本体カラー、容量、支払い回数、端末保証の有無を選択する
  • あとは画面の指示に従って操作・入力して、スマホセットの申し込みを完了させる

スマホセットの開通手順

開通手順

  • 数日後にスマホセットが手元に届く
  • スマホのバッテリー残量が非常に少なくなっている可能性があるので、箱から出して充電しておく
  • 今使っている携帯電話会社・格安SIMの音声回線を使って、音声通話SIMの開通手続きをする
  • IIJmioとの契約が自動で解約され、IIJmioのSIMカードが開通する
  • SIMカードを台紙から取り外し、SIMカードを新スマホに入れる
  • 新スマホの初期設定・データ移行などを行う
  • IIJmioで購入したAndroidスマホはAPN設定はほぼ不要、iPhoneはAPN構成プロファイルインストールが必要なのでインストールする
  • Wi-Fiをオフにして、IIJmioの回線でWEBサイトにアクセスできることを確認して利用開始

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

povo1.0/povo2.0からIIJmioに乗り換え手順を解説

【手順①】SIMを入れて使いたいスマホが動作確認されているか確認する

  • IIJmioでは音声SIMカード(物理)のみ、音声eSIMのみ契約する
  • 自分で用意したAndroidスマホやiPhoneを使う

というときは、SIMを入れて使いたいAndroidスマホやiPhoneがIIJmioで動作確認されているか確認してください。

たとえばGoogleのスマートフォン「Google Pixel 7」がSIMカード+ドコモ回線で動作確認されているか確認するときは、

  • 【メーカー】「Google」を選択
  • 【端末名】「Google Pixel 7」と入力
  • 【SIM種別】「SIMカード対応」を選択
  • 【回線タイプ】「タイプD/ドコモ網」を選択

すると、動作確認情報が表示されます。

【手順②】音声SIM(物理)と音声eSIMどちらにするか、ドコモ回線かau回線か決める

IIJmioではSIMのみ契約する場合は、音声SIMカード(物理)と音声eSIM(eSIM)のどちらで契約するか決めてください。

音声SIMカードと音声eSIMともに、ドコモ回線またはau回線が選べます。povo2.0と変わらない使い勝手を求めるのであればau回線がおすすめです。

音声SIMカード+au回線がオススメな人

  • auまたはUQモバイルで購入したAndroidスマホをIIJmioでも使う人

auやUQモバイルから販売されているAndroidスマホは、当然ながらau回線に対応しているので、IIJmioでもau回線を契約するべきです。

音声SIMカード+ドコモ回線/au回線どちらを選んでもいい人

  • UQモバイルで購入したiPhoneを使う人(SIMロック解除手続き必須)
  • SIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを使う人

音声eSIMがオススメな人

  • UQモバイルで購入したeSIM対応AndroidスマホやiPhoneを使う人
  • eSIMに対応したSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを使う人

【手順③】povoでMNP予約番号を発行する

povoからIIJmioに乗り換えるときは、povo側でMNP予約番号の発行が必要になります。MNP予約番号は無料で発行できます。

povo2.0

<MNP予約番号の取得について>
・MNP予約番号発行のお申し込みは24時間可能です。
・お申し込み後の、MNP予約番号のお知らせは、9時30分~20時までです。
(20時~9時30分の間にお申し込みされた場合は、9時30分以降順次通知いたします)
・ご契約開始日にMNP予約番号を取得することはできませんので、ご注意ください。

povo1.0

●他社へMNP転出される場合

MNPの予約申し込みを行い、「MNP予約番号」をお受け取りください。
移転先会社の受付店に「MNP予約番号」を伝え、MNPによる携帯電話新規お申し込み手続きを行ってください。
WEBでのMNPのご予約

受付時間:24時間

※MNP予約番号は、お申し込みの携帯電話番号宛てに157よりSMSにて通知致します。

【手順④】IIJmioの契約に必要なものを用意する

本人確認書類、契約者名義のクレジットカード、MNP予約番号、IIJmioからの連絡を受信できるメールアドレス、スマートフォンを用意してください。

音声eSIMのみを申し込みの場合、本人確認のためにスマートフォンで本人確認書類の撮影・自撮りが必要になります。

本人確認書類

運転免許証やマイナンバーカードを持っている人は何も心配ありません。

  • 運転免許証
  • 個人番号(マイナンバー)カード
  • 被保険者証(国民健康保険/健康保険) ※音声eSIM契約時は被保険者証は利用不可
  • 在留カード
  • 日本国パスポート+補助書類(住民票、公共料金領収書)

本人確認書類の提出は申し込み時に専用ページにて、スマートフォンのカメラ機能等で撮影し、アップロードします。

なお、MNP転入時に契約者名義と転入元名義が異なる場合、転入元名義本人の本人確認書類も必要になります。

契約者名義のクレジットカード

IIJmioのお支払い方法は、クレジットカードのみです。
※契約者ご本人様(個人)名義のクレジットカード決済のみとなります。​ 以下クレジットカードにてお取り扱いしています。
​JCB・VISA・DC・UC・UFJ・アメリカンエキスプレス・マスター・ダイナース・SAISON・イオンクレジット・楽天カード

MNP予約番号

MNP予約番号の有効期限は発行日を含めて15日間です。

IIJmio申込時に、MNP予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があります。

【手順⑤】IIJmioの音声SIMカード/音声eSIM/スマホセットを申し込む

契約に必要なものを用意したら、IIJmio公式サイトから音声SIMカード/音声eSIM/スマホセットを申し込んでください。

音声eSIMは、「eKYC(オンライン本人確認サービス)」を使った本人確認が必要です。運転免許証・個人番号(マイナンバー)カード・在留カードを用意してください。

音声eSIMの申込完了メールや「ご契約者の本人確認完了のご連絡メール」は、IIJmio側で申込が殺到していない場合、申し込みから1時間程度で届くこともあります。

簡単な流れ

  • IIJmio公式サイトにアクセスして、「ご購入・お申し込み」ボタンをタップ
  • 「量販店やオンラインショップなどで~」では、【事前支払いしたものはない(通常)】を選択
  • 「現在の携帯電話の番号はそのまま使いますか?」は、【他社から乗り換え】を選択
  • 「利用するSIMをお選びください」では、【SIMカード】または【eSIM】を選択する
  • 「端末も一緒にお求めですか?」は、SIMのみ契約するなら【SIMだけを購入する】を選択、スマホセットを契約するなら【端末とSIMのセットを購入する】を選択する
  • 「SIMカードの種類をお選びください」では、【音声通話+SMS+データ通信】を選択
  • 「料金プランをお選びください」では、自分の好きなプランを選択
  • 「docomo、auどちらの回線を使いますか?」は、【docomo回線(タイプD)を使う】か【au回線(タイプA)を使う】どちらか好きな方を選択
  • 「通話定額は何分必要ですか?」は、好きなものを選ぶ
  • 「利用者はどなたですか?」は、【契約者本人】か【契約者本人以外】を選択
  • あとは画面の指示に従って操作・入力して、IIJmioの契約を完了させる

スマホセット契約時は上記の手順に加えて、自分の申し込みたいスマホ、本体カラー、容量、支払い回数、端末保証の有無の選択が必要です。

本人確認書類に不備がない場合、約1~2日後に「申込完了メール」、「ご契約者の本人確認完了のご連絡」メールが届きます。

SIMカード契約時は、発送の準備が整うと、本人確認書類に記載の住所宛に「転送不可」で発送されます。

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

IIJmioの開通手順を解説

【手順①】音声通話の開通手続きをする(他社から乗り換え時のみ)

音声SIMや音声eSIMを契約した場合は、「音声通話の開通手続き」が必要です。

MNP予約番号の有効期限の前日までに必ず開通手続きをしてください。開通手続きを行わない場合、有効期限当日内に自動的に開通されます。




SIMカードの場合

開通手順

  1. IIJmioのSIMカードに差し替える前に行うこと
  2. 現在利用可能なスマホや自宅の固定電話から、IIJmioオンデマンド開通センターに電話をかける(9時から19時まで)
  3. 音声ガイダンスに従い、「2」(携帯電話番号ポータビリティ)を選択
  4. 「乗り換え対象の電話番号」と「SIMカードのICCID(識別番号下4桁)」を入力して、開通手続きを行う
  5. 開通手続きが完了してから10分程度で、以前の利用回線が使用できなくなる
  6. IIJmioのSIMカードが開通する(IIJmioに回線切り替え完了)

eSIMの場合

eSIMを契約した場合は、IIJmio会員ページにログイン後、「MNP転入(音声eSIM)の開通手続き」ページから開通手続きを行ってください。

開通手続き完了後、10分程度で登録したメールアドレス宛に開通完了メールが届きます。


【手順②】スマホにIIJmioSIMカードを入れる/eSIMプロファイルをインストールする

MNP開通手続きが完了したら、スマホにIIJmioのSIMカードを入れる/IIJmioのeSIMプロファイルをインストールしてください。




SIMカードの場合

IIJmio マルチSIMカード

IIJmioのSIMカードは、ドコモ回線/au回線ともに「マルチSIM」が提供されています。

マルチSIMとは、「標準SIM」と「microSIM」と「nanoSIM」を1枚の台紙から利用するサイズに合わせて取り外すことができるSIMカードのことです。

SIMカードをご利用端末に装着する

SIMカードを台紙から任意のサイズに取り外し、AndroidスマホやiPhoneの電源をオフにしてIIJmioのSIMカードを入れてください。

IIJmio 対応SIMサイズ確認

SIMサイズは動作確認情報の「対応SIM」で確認できます。ほとんどのスマホは「nanoSIM」です。

eSIMの場合

IIJmio アクティベーションコード(QRコード)を用意

IIJmioのeSIMプロファイルをインストールするときにアクティベーションコード(またはQRコード)が必要です。

アクティベーションコード(QRコード)の確認後、eSIMを利用するスマホにeSIMプロファイルをインストールしてAPN設定してください。

申し込み完了のメール、または開通完了のメールにアクティベーションコード発行完了の案内が記載されています。「メールの内容に従いアクティベーションコードの確認」ページからアクティベーションコードの確認を行います。

eSIMを利用するスマホとは別の端末(パソコン・スマホ・タブレット)を用意できるのであれば、QRコードを読み取ったほうが圧倒的に楽です。

eSIMを利用したいAndroidスマホやiPhoneにeSIMをインストール

AndroidスマホにeSIMプロファイルをインストールしてAPN設定までの手順は、eSIM 初期設定(接続設定)- Androidの場合 - | IIJmioをご覧ください。

iPhoneにeSIMプロファイルをインストールからAPN構成プロファイルのインストール手順は、eSIM 初期設定(接続設定)- iOS(iPhone/iPad)の場合 - | IIJmioをご覧ください。


【手順③】AndroidスマホやiPhoneでAPN設定をする

IIJmioのSIMカードをスマホに入れたら、次はスマホ側で「APN設定」が必要です。

APN設定を簡単に言うと、スマホがIIJmioの回線を使ってデータ通信できるようにするための設定のことです。

喫茶店とかホテルとかで提供されているWi-Fiサービスを利用するときに、SSIDを選んでパスワードを入力しますよね。それと同じ感じと思えばOKです。




iPhoneのAPN設定について

IIJmio iPhoneのAPN設定について

iPhoneのAPN構成プロファイルをインストールする方法は、

  • ①My IIJmioアプリの、APN構成プロファイルインストール機能を利用する行う方法
  • APN構成プロファイル配布ページから、直接APN構成プロファイルをダウンロードする方法

の2つの方法があります。この記事では①の方法で解説します。上級者は②のほうがやりやすいでしょう。

iPhoneのAPN設定手順

  • 「My IIJmio」アプリをダウンロードして起動
  • ログイン画面の下にある「APN構成プロファイルダウンロード」をタップ
  • ダウンロードの許可を求められるので「許可」をタップ
  • プロファイルがダウンロードされるので「閉じる」をタップ
  • 「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」をタップ
  • 「ダウンロード済みプロファイル」内の「(Cellular) IIJmioモバイルサービス」をタップ
  • 「インストール」をタップして、パスコードを入力して、「次へ」をタップ
  • 「インストール」を2回タップして、「完了」をタップ
  • 「構成プロファイル」内に、「(Cellular) IIJmioモバイルサービス」が表示されていれば設定完了

iPhoneは「他社APN構成プロファイル」があるなら削除すること

iPhoneにはAPN構成プロファイルは1台につき1つしかインストールできません。

IIJmioの前に他社格安SIMを利用していて、iPhoneに他社格安SIMのAPN構成プロファイルをインストールしている場合は削除してください。

他社格安SIMのAPN構成プロファイルの削除後、IIJmioのAPN構成プロファイルをインストールしてください。

APN構成プロファイルの削除手順

  • ホーム画面から、「設定」→「一般」→「VPNとデバイス管理」または「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  • 他社APN構成プロファイルをタップ
  • 「プロファイルを削除」をタップ
  • パスコードの入力を求められた場合は、画面に従って入力
  • 「削除」をタップ
  • 削除完了

AndroidスマホのAPN設定について

IIJmio AndroidスマホAPN設定

【のりかえガイド】初期設定(APN設定) | IIJmioを参考にして、APN設定を完了させてください。

AndroidのAPN設定手順

  • AndroidスマホにIIJmioのSIMカードを入れる
  • 「設定」→「ネットワークとインターネット」をタップ
  • 「SIM」をタップして、「アクセスポイント名」をタップ
  • 「IIJmio」を選択して設定完了。「IIJmio」が無ければ次の手順に進む
  • 右上のメニュー(または「+」)から「新しいAPN」を選択し、APN設定情報を入力
  • 右上のメニューから「保存」を選択する。そのうえで「IIJmio」を選択して設定完了

AndroidスマホでAPN設定情報を手動で入力する場合は、文字の打ち間違い(ijjmio、iijmiio.jpなど)、不要なスペースを入力しないように気をつけてください。

Nameiijmio
APNiijmio.jp
ユーザ名mio@iij
パスワードiij
認証タイプPAPまたはCHAP

【手順④】発信テスト・モバイルデータ通信テストを行う

発信テスト・モバイルデータ通信テストを行いましょう。どちらも問題なく確認できれば設定完了です。

時報などに電話をかけて、電話が正常に発信できることを確認してください。

Wi-Fiをオフにして、SafariやChromeなどのブラウザアプリを起動して、モバイルデータ通信を利用してWEBサイトが閲覧できるかどうか確認してください。

データ移行は新スマホに機種変更したときだけ必要。SIMのみ契約して入れ替えるときは不要

IIJmioで販売されているスマホを購入している場合は、必要に応じて旧スマホから新スマホに写真・動画・アプリ・電話帳などのデータ移行やバックアップも実施してください。

新スマホへのデータ移行は、新スマホの初期設定時にも可能です。

 

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

auからpovoに乗り換えて、povoからIIJmioに乗り換え時の注意点

auで購入したAndroidスマホやiPhoneであっても、SIMロック解除手続きを推奨

2017年8月以降に発売されたauスマホにIIJmioのau回線SIMを入れて利用する場合は、SIMロック解除不要で利用できますが、My au等でSIMロック解除手続きを強く推奨します。

それはなぜかというと、一部のAndroidスマホやiPhone全機種は、SIMロックを解除すればau回線だけでなくドコモ回線/ソフトバンク回線/楽天モバイル回線に対応するものがあるからです。

SIMロックあり状態SIMロックなし状態
(SIMフリー状態)
auで購入した
Androidスマホ
(一部の機種)
au回線のみ
利用可能
ドコモ回線
au回線
ソフトバンク回線
楽天モバイル回線
が利用可能
auで購入した
iPhone
au回線のみ
利用可能
ドコモ回線
au回線
ソフトバンク回線
楽天モバイル回線
が利用可能

2021年9月30日までにauから販売されたAndroidスマホやiPhoneは、SIMロックあり状態で販売されています。My au等でSIMロック解除手続きをしてください。

2021年10月1日以降にauから新たに販売されるAndroidスマホやiPhone(※)は、最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。SIMロック解除手続きは不要です。

  • ※iPhone 13シリーズは2021年9月24日に発売されたが、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売

auで購入したAndroidスマホは、IIJmioのSIMを入れた後に「利用設定」が必要

Google Pixel以外のAndroidスマホは、IIJmioのSIMカードを入れた後に「利用設定」が必要です。利用設定することで、AndroidスマホがSIMフリー状態になります。

Google PixelはSIMロック解除申し込み完了後の利用設定は不要です。

SIMロック解除完了後、ご利用の端末に「携帯通信会社のロックを解除しました どのネットワークでもデバイスを使用できるようになりました」と通知されます。

利用設定の手順

  1. IIJmioのSIMカードをau携帯電話に挿入する
  2. au携帯電話の電源を入れ、Wi-Fiに接続する
  3. 以下の操作で設定ファイルを更新する
    【設定】⇒【端末情報】⇒【SIMカードの状態】⇒【SIMカードの状態を更新】
  4. 設定ファイルをダウンロード後、再起動する
  5. 設定完了

機種によって操作が異なる場合があります。各機種でのSIMロック解除の操作は、取扱説明書の「SIMロック解除について」をご確認ください。

<設定状況の確認>

上記3の【SIMカードの状態】の画面にて、「ステータス」をご確認ください。

  • 「許可」の場合:利用可能状態(IIJmioのSIMカードを認識できる)
  • 「未許可」の場合:利用不可状態(IIJmioのSIMカードを認識できない)

povo2.0とIIJmioの料金プラン比較

キャリア名料金プラン名料金
aupovo2.0【データ使い放題 (24時間)】330円/回
【1GB(7日間)】390円/回
【3GB(30日間)】990円/回
【20GB(30日間)】2,700円/回
【60GB(90日間)】6,490円/回
【150GB(180日間)】2,980円/回
IIJmioギガプラン
音声SIM(物理SIM)
音声eSIM
【2GBプラン】月額850円
【4GBプラン】月額990円
【8GBプラン】月額1,500円
【15GBプラン】月額1,800円
【20GBプラン】月額2,000円

 

IIJmioのメリット・特徴まとめ

  • ドコモ回線かau回線か選べる
  • SIMの機能とデータ容量を選べて自由に組み合わせできる
  • 余ったデータ容量翌月繰り越し、バースト機能、高速通信オンオフ機能あり
  • 同一mioID内でデータ容量のシェア/プレゼントができる
  • 販売しているスマートフォンの種類が充実している
  • 家族間の通話割引や通話定額オプションがある
  • IIJmioの光回線とセットで契約していると割引
  • サポート体制が充実している
  • 音声SIMを契約しているならLINEの年齢認証ができる

ドコモ回線かau回線か選べ、データ容量も2GBから50GBまで選べる

回線契約できるSIM
タイプD
(ドコモ回線)
音声SIM(物理)
音声eSIM
SMS
データ
データeSIM
タイプA
(au回線)
音声SIM(物理)
音声eSIM
SMS
データ

IIJmioはドコモ回線またはau回線が選択できて、データ容量は2GB/4GB/8GB/15GB/20GB/30GB/40GB/50GBまで幅広いデータ容量が用意されています。

IIJmioはNTTドコモやKDDI(au)から回線を借りてサービスを提供しています。IIJmioではドコモ回線のことを「タイプD」、au回線のことを「タイプA」と呼んでいます。

音声SIM(物理SIMカード)や音声eSIMで契約する場合はドコモ回線またはau回線が選べます。

今ドコモ回線を利用しているならIIJmioでもドコモ回線を、au回線を利用しているならIIJmioでもau回線を契約するといいでしょう。

今キャリアを契約している人は、とりあえず音声eSIMの2ギガプランで契約してみて使い勝手を確認してからIIJmioに乗り換えるのもいいですね。

家族間の通話割引や通話定額オプションがある

IIJmioには家族間の無料通話はありませんが、家族間の通話が20%割引される「ファミリー通話割引」、通話定額オプションが提供されています。

同一mioID内で契約しているみおふぉん同士であれば対象となります。オプションの契約などは必要ありません。家族間通話であれば、通話料が通常税込11円/30秒のところ、税込8.8円/30秒となります。

通話定額オプションは3つ用意されており、専用アプリ不要、標準電話アプリからの発進で通話オプション対象になります。

 月額料金国内通話
通話定額5分+月額500円1回5分以内の
国内通話無料
通話定額10分+月額700円1回10分以内の
国内通話無料
かけ放題+月額1400円無制限で
国内通話無料

超過時は税込11円/30秒
同一mioID内通話の場合 税込8.8円/30秒

販売しているスマートフォンの種類が充実している

IIJmioではAndroidスマートフォンや中古iPhoneなど多くのスマートフォンが購入できます。

10万前後のハイスペックなスマホから、1万円台の格安スマホまで、非常に多くのスマートフォンが販売されています。IIJmioに乗り換えする際に同時にスマートフォンを購入することで、端末が大幅割引されることもあります。

サポート体制が充実している

IIJmioは店舗が存在しないため、店頭での直接サポートができません。

その代わり、年中無休9時から19時までのWEBチャット、年中無休9時から19時までの電話サポート、1700件以上のFAQを掲載したサポートサイト、ツイッターサポート、メールサポートなどのサポートが充実しています。

音声SIMを契約しているならLINEの年齢認証ができる

音声SIMまたは音声eSIMを利用している人はLINEの年齢認証が行なえます。データSIM・SMS SIM・データeSIMでは年齢認証できません。

LINEの年齢確認ができると、LINE ID検索やオープンチャットといった機能を利用できるようになります。

IIJmioにて利用者登録を行い、LINEアプリ内で年齢確認を実施することで年齢認証が完了します。

mio割

IIJmioのSIMサービス(IIJmioモバイルサービス・IIJmioモバイルプラスサービス)とIIJmioひかりを同時に利用することで、毎月660円おトクに利用できます!

IIJmioで実施されているお得なキャンペーンまとめ

IIJmioで実施されている、新規契約・他社から乗り換えで契約する人向けキャンペーンを抜粋して紹介します。

シェアNo.1記念キャンペーン
音声限定!月額料金割引
ギガプランの音声SIMまたは音声eSIMを
申し込みの場合、
最大6ヵ月間、月額料金を440円割引
シェアNo.1記念キャンペーン
通話定額オプション割引
ギガプランにて
通話定額オプションを申し込むと
オプション月額利用料を6ヵ月間410円割引
シェアNo.1記念キャンペーン
スマホ大特価セール
MNP転入(音声SIM/音声eSIM)で
ギガプラン回線と対象端末をセット購入すると
端末本体を期間限定の特別価格で提供
他社からのりかえで
スマホが特別価格
MNP転入(音声SIM/音声eSIM)の
ギガプラン回線と対象端末をセット購入すると
端末本体を特別価格で提供

 

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

povoからIIJmioに乗り換えるデメリット

  • povoと比べると、確実に通信速度が遅くなる
  • povoはSIMカード/eSIMの再発行手数料は無料だが、IIJmioでは有料
  • auのAndroidスマホはドコモ回線と相性が悪い
  • データ使い放題24時間のようなオプションは無い
  • 故障紛失サポート/故障紛失サポート with AppleCare Servicesが利用できなくなる
  • auかんたん決済が利用できなくなる

povoと比べると、確実に通信速度が遅くなる

IIJmioに限った話ではありませんが、格安SIMの通信速度は遅いです。

povoからIIJmioに乗り換えると、通信速度が確実に遅くなります。特に昼間や、混雑している場所では顕著に遅くなるでしょう。

povoはSIMカード/eSIMの再発行手数料は無料だが、IIJmioでは有料

povo2.0は、当面の間再発行手数料はSIMカード/eSIM問わず無料になっています。SIMカードからeSIMへの変更、eSIMの再発行、eSIMからSIMカードの変更など無料です。

しかしIIJmioでは、SIMカード再発行はSIMカード1枚あたり2200円、SIMカード発行手数料が発生します。

eSIM(音声/データ)の場合は、1アクティベーションコードあたりSIMプロファイル発行手数料220円がかかります。

これまで気軽にpovo2.0でSIMを再発行しまくっていた人は注意が必要です。

auのAndroidスマホはドコモ回線と相性が悪い

auから販売されているAndroidスマホは、au回線には確実に対応していますが、ドコモ回線には対応していない可能性が非常に高いです。

2022年以降に販売された一部機種は、ドコモ回線に対応している可能性があります。

データ使い放題のようなものは無い

povoでは390円で24時間データ残容量を気にすることなく使える「データ使い放題(24時間)」というトッピングがありますが、IIJmioには同等のオプションは存在しません。

auかんたん決済が利用できなくなる

povoではauかんたん決済が利用できますが、IIJmioに乗り換えると利用できなくなります。

Google Playストアでダウンロードしたゲームアプリ内での課金や、LINEコイン、YouTube Premium、電子マガジン、Google Oneなどの料金支払いをIIJmioのお支払いと同じ方法で決済できるサービスです。

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

povoからIIJmioに乗り換えで発生する費用

povo側で発生する費用

  • 契約解除料無し
  • MNP転出手数料無し
  • データトッピングは解約月の料金は日割りにならない
  • スマホ故障サポートは日割り計算
  • 継続購入型のトッピングは、解約しても日割りされない(当面の間は日割り)

IIJmio側で発生する費用

  • 事務手数料3300円
  • SIMカード発行手数料433.4円(タイプD)/446.6円(タイプA)
  • 契約した月の利用料金(日割り計算)

【povo】契約解除料無し

povoを解約しても契約解除料は発生しません。

【povo】MNP転出手数料無し

povoはMNP転出手数料は発生しません。

【povo】データトッピングの料金は戻ってこない

たとえばpovoでデータトッピングのデータ追加20GBを購入していて、購入してから15日目に解約したりpovoから他社に乗り換えても、このデータトッピングで支払った金額は戻ってきません。

20GBだと2700円満額持っていかれます。使い切ってから解約・乗り換えがオススメです。

【povo】スマホ故障サポートは日割り計算

povo2.0プランを解約した際のご請求は、翌月にご設定済みのクレジットカードより決済いたします。

なお、解約されましても継続購入のトッピングは全額ご請求させていただきます。
ただし、当面の間は日割りとなります。都度購入のトッピングにつきましてもご返金はいたしません。スマホ故障サポートは解約前日までの月額料金を日割りご請求します。

【povo】継続購入型のトッピングは、解約しても日割りされない(当面の間は日割り)

継続購入型のトッピング(通話トッピング)は、月途中で解約しても日割り計算されません。

しかし、2021年12月8日時点では、「当面の間日割り計算での請求となります」となっています。

【IIJmio】事務手数料3300円

IIJmioでSIMカード/eSIM/スマホを契約する場合は、事務手数料3300円がかかります。

【IIJmio】SIMカード発行手数料433.4円(タイプD)/446.6円(タイプA)

IIJmioでSIMカード/eSIM/スマホを契約する場合は、SIMカード発行手数料がタイプDの場合は433.4円、タイプAの場合は446.6円かかります。

【IIJmio】契約した月の利用料金

IIJmioのギガプランを月の途中で新規契約/他社から乗り換え(MNP)で契約した場合、利用開始月の月額料金は日割り計算されます。

また、利用できるデータ量(ギガ数)も日割りで付与されます。

povo2.0からIIJmioに乗り換えるベストのタイミングは?

povo2.0からIIJmioに乗り換える場合は、データトッピングを使い切った状態で、月末日までにIIJmioに乗り換え完了するように申し込むといいでしょう。

povo1.0からIIJmioに乗り換えるとき・解約するときの月額料金は、日割り計算されずに1ヶ月分丸々請求されます。

povo2.0からIIJmioに乗り換えるとき・解約するときは、通話トッピングは当面の間日割り計算されます。データトッピングは購入後キャンセル不可で日割り計算されません。

IIJmioは、月の途中で契約した場合は、月額料金は日割り計算されて請求されます。

povo2.0からIIJmioに乗り換え(MNP)でよくある質問

IIJmioは2年縛りや契約解除料はある?

IIJmioは2年縛りなどはありません。

ギガプランは契約解除料はありませんが、「最低利用期間」が設定されています。ギガプランの最低利用期間は「利用開始日の翌月末日です。

最低利用期間(利用開始日の翌月末日)までは解約することができません。

月途中で解約手続きを行った場合、解約日は月の末日となり、解約の予約が入った状態となります。

SIMカードは解約日まで利用可能ですが、利用料金についても満額請求となります。

IIJmioの開通までにかかる時間は?

SIMカードの場合、申し込み内容に不備がなければ本人確認完了後、最短3~4日程度で届きます。なお、端末と同時に申し込みの場合、SIMカードと端末は同時に発送されます。

音声eSIMの場合、申し込み内容に不備がなくIIJmio側で申込が殺到していなければ、最短即日で開通します。

音声eSIMの場合は、毎日20時30分以降~翌日9時までの間は、eSIM開通処理ができないようになっています。該当時間に各手続きが完了した場合、メンテナンス終了後、または翌9:00以降アクティベーションコード発行完了のメール通知が届きます。

IIJmioが課金開始されるのはいつ?

SIMカードや端末セットの場合、お届け予定日が「課金開始日」になります。利用開始月の月額料金とデータ量は日割りです。

音声SIMの場合、音声通話付帯料も日割となります。 音声eSIMを契約している場合は、IIJmioの開通手続きが完了した時点で課金開始となります。

開通手続きを行わない場合、MNP予約番号有効期限当日内に自動的に開通されます。

povo2.0のSIMカードの返却は必要?

SIMカードの返却は不要です。自分で捨ててください。

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

シェアNo.1記念キャンペーン実施中!最大6ヶ月間440円割引!

IIJmioでは、最大6ヶ月間月額料金から440円割引、大容量プラン限定で5GB増量×最大3ヶ月、他社から乗り換えでスマホが特価、通話定額オプションが最大6ヶ月間410円割引などのお得なキャンペーンを実施しています。

キャンペーン名キャンペーン内容
シェアNo.1記念キャンペーン
音声限定!月額料金割引
ギガプランの音声SIMまたは音声eSIMを
申し込みの場合、
最大6ヵ月間、月額料金を440円割引
大容量プランキャンペーン
月額料金半額&データ増量
①大容量プラン(30ギガ,40ギガ,50ギガ)の
音声SIMまたは音声eSIMを申し込みの場合
最大3ヵ月間月額料金を半額割引
最大3ヵ月間データ量を5GB増量
家族割引キャンペーン
複数回線利用で月額料金割引
ギガプランの音声SIMまたは音声eSIMを
申し込み、適用条件を満たすと
1回線当たり月額料金を最大6ヵ月間100円割
シェアNo.1記念キャンペーン
[期間限定]スマホ大特価セール
MNP転入(音声SIM/音声eSIM)の
ギガプラン回線と対象端末をセット購入で、
端末本体を期間限定の特別価格で提供
他社からのりかえで
スマホが特別価格
MNP転入(音声SIM/音声eSIM)の
ギガプラン回線と対象端末をセット購入すると
端末本体を特別価格で提供
シェアNo.1記念キャンペーン
通話定額オプション割引
ギガプランにて
通話定額オプションを申し込むと
オプション月額利用料を6ヵ月間410円割引

MNPでスマホが安い!

音声SIMまたは音声eSIMを他社から乗り換えで契約し、なおかつ対象端末を同時に申し込むと、対象端末が乗り換え価格で提供されます!

一括払いで1万円以下になるお得なスマホは以下の通り。

ブランドモデル名一括払い24回払い
motorolamoto g24110円826円
XiaomiRedmi Note 10T110円797円
OPPOOPPO A77980円826円
nubianubia Ivy3,980円1,244円
OPPOOPPO A79 5G4,980円1,035円
motorolamoto g50 5G4,980円951円
OPPOReno7 A7,980円1,661円
XiaomiRedmi 12 5G
[8GB/256GB]
7,980円1,160円
motorolamoto g52j 5G Ⅱ7,980円1,006円
P-UPMode1 RETRO II7,980円993円
motorolamoto g52j 5G SPECIAL9,980円1,542円
motorolamoto g13110円836円
motorolamoto g53j 5G4,980円1,298円
SHARPAQUOS sense6
[4GB/64GB]
4,980円826円
OPPOOPPO Reno9 A9,780円1,762円

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイト

青ボタンをタップでIIJmio公式サイトに移動します

  • この記事を書いた人

荒巻大輔

「みおみお」では、IIJが提供しているMVNOサービス「IIJmio」について分かりやすく解説しています。

-IIJmioに乗り換える